プラクティショナー 宮川慎一郎

 

2009年、SE™にはじめて出会う。

 

2012年、コロラド州ポールダーにて、SEセッションを受けたり、SE本部でのワークショップに参加したりする中で、身体と神経系の統合を体験。

 

20173月、SEトレーニング上級修了(神奈川県三浦市)

その後、ロルフィングセッション の中で、SEの技法を応用しつつ用いる。

 

2019年、12月カリフォルニア州サンディエゴにて、ピーター・ラヴィーン氏によるSEマスタークラスに参加。

その後、タッチワークを基本とした多角的なアプローチを用いたSEセッションを開始する。

 

セッションでは、ゆっくり少しずつ、着実なプロセスをクライアントと一緒に歩んでいくことを大切にしています。